2018年04月08日

幸せの閾値

数年前、某100円ショップに行った時のこと。
ねね夫が持っているペンケースがボロボロだったのでついでに買ってみた。
デニム生地風でしっかりした作り。とても100円に見えない。
「はい、これあげる」と渡したら

ねね夫「何これ? 200円?」
ねね 「きぃ〜違うよ(*`ε´*)ノ。これはね、そう! ロ〇トで買ったの。もっと高かったのよ!」
(値段が近いな、チッ!(;-_-))
ねね夫「ふーん、誕生部プレゼント?」
ねね 「そ、そう! 誕生日プレゼント! うんうん」
(そういえばもうすぐ誕生日だったな、そういうことにしておこう)
ねね夫「ありがとう( ̄▽ ̄)」
(誕生日プレゼントが100円で済んだぞ。しめしめ(;^ω^))

数カ月、ペンケースを買った某100円ショップの文具売り場に行ったら

なんと同じペンケースが売っていた。

ねね夫「これ、持ってるのと似てるね」
ねね 「だから! ロフトで買ったって言ってるでしょ。もっと高級品だよ!」
(あくまでも嘘をつきとおすねね)
ねね夫「そうだね(*^▽^*)」

数年経過し、今日。
私もペンケースがほしいなぁ〜と思い、思わず口を滑らせてしまった。
ねね 「私もデニム風生地の100円のペンケース欲しいなぁ〜」
ねね夫「え? あれロ〇トで買ったんじゃないの?」
ねね 「何言ってるの、あれ100円だよ。まだ信じてたの?」
ねね夫「700円位のペンケースだと思ってたのに……幸せが一つ減った」

幸せの閾値がとても低いねね夫でございます(笑)。

100円だけど何年も使っているのにボロボロにならないし
本当に良い物でした。
やはり嘘はつきとおせませんね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
posted by ねね at 22:34| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。