2018年12月29日

驚きの事実!身内にタカラジェンヌ?

最近、宝塚にはまっていると、ねね母に話したら、驚きの事実が!
ねね母の叔母さんという人が、若い頃、日本舞踊をやっていて
17歳の時に宝塚を受験したら、なんと合格!
行こうと思ったんだけど、一人娘のせいもあって、母親から反対されて
諦めたという話を聞いたんです!
昭和24年の話で、もしそのまま宝塚に入団していれば有馬稲子と同期になったそうな……。
その後、すぐに嫁に行って幸せに暮らしたそうです。
あと一歩で身内にタカラジェンヌが存在したかもしれなかったんです!
そんなねね母も実はスクールメイツ!
ドリフでポンポン持って踊っていたそうな。
ダンスも歌もあまり上手な方ではなかったので、
いつも後ろの方にいたと言っていました。
nenehaha2.png
(この写真にはいません。出演したのは志村けんの時代ではなく荒井注の時代なので)
ねねはこんなオタクなお面ねねにしかなれなかったけど、
たぶんきっと人生楽しんでいます。

赤髪の小説「大晦日の礼拝(仮題)」を更新しました。
今年中に続きが書けるようがんばります。

あとで更新しようと思って、何か月も更新を忘れていたお面ねね動画
お面ねねのファンの方、どうぞお楽しみください♪
(いないって?笑)


それでは、また(^.^)/~~~

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
posted by ねね at 20:26| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。